大航海時代Online Astraios鯖 LogBook

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポチッとお願いします     

| Edit | 別窓 | スポンサー広告
オスマンガレアス de 海運漕 であります。
【そこに山があるから登る】


例えるならまさにこんな気分です。

もう8年か9年もプレイしていて、漕船スキルはやっとR12に突入しました。
ちなみに会計はまだR6です(どうでもいい)。

このまま普通にプレイしていても、非優遇な時間が多すぎて錬成は無理な気がします。
そこで漕ぎスキル錬成目標を1年以内に設定してみました。
職業は常時ほぼ【私掠海賊】。
南蛮やら香辛料運びを中心に海運漕をひたすら続けることにして、
およそ1ヶ月が経ちました。


以前に書いた 【移動で漕ぎ上げ】 の記事でガレーの選択について触れていました。

今の考え方では、交易用も移動用もオスマンガレアス一択です。
オスマンガレアスは横帆型なのが最大の特徴であり、利点なのではないかと。
海事75になることがオスマンガレアスに乗れる条件なので、なかなか分からなかったのです。
細かいデータとかは分かりません。何度も乗ってるうち感じたことです。


アゲインストの場合、漕ぎの力で前に進むのが利点。
  =縦帆型である必要は無く、横帆型でもスピードが落ちない。
フォローの場合、縦帆型のガレーでは風を活かしきれず、速度が伸びないのが欠点。
  =横帆型じゃないともったいないw



さて、ガレーの造船で余裕がなくて成り行きまかせにしていたのが漕力でした。
新造するときに、移動用や交易用は夜戦化してリセットしてからFSをすることが多いです。
これを以前のオスマンガレアスでもやってしまっていました。

以前につくった20%増量の交易用と、最近新造した減量移動用を比較してみます。

夜戦化後にリセットしてFSした +20%オスマンガレアス  漕力=79
ottoman-koueki01.jpg

夜戦化したけどリセットせずにFSした減量オスマンガレアス 漕力=95
ottoman-ido01.jpg


オスマンガレアスの新造に必要な特製大型2層櫂船という船体には〔漕力 +5~+7〕がついています。
これをリセットして無駄にするより、温存して有効利用したほうが良いのではないかと考えました。


昨日、赤トロンプ狩りで大ストームセイルを2個確保できたので、
交易用(+20%)のオスマンガレアスを新造してみました。
ottoman-koueki02.jpg

漕力アップのFSパーツを増やさず積荷を増やしてしまいましたがw
マアマアマア


スキルはブースト込みでこんなかんじです。
skill-kogi01.jpg


装備は漕力アップと操帆アップにしぼっています。
soubi-kogi01.jpg



ここで教訓。。。。。

お腹が空いた状態でスーパーに買い物に行くと、
なんでもおいしく見えて、ついついカゴに放り込んで買いすぎてしまうので、
空腹で買い物に行くのはやめたほうが良いという、食欲の秋の節約術w
特にハムの買いすぎに(以下略


以上
スポンサーサイト


ポチッとお願いします     

| Edit | 別窓 | 商用(造船) | コメント:0 | トラックバック:0
<<北米大陸横断鉄道経由の交易路 | エリユ一家・記憶の断片 | 歴史的事件 de プレステ・ジョアン>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| エリユ一家・記憶の断片 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。