愚者の両手 防御100
いつかは、
はずみで、
可能性は薄いと言い聞かせつつ、
あるにはありそうだけど、
なにかが事切れたり、
やることも少なくなってきたから、
昔よりはだいぶ楽にスキル上げできそうだし、


などなど、理由はいくつか考えられまが、


とにかく、


錬金術を初めてしまったのですw

錬金術が昔より楽になったという部分は、
『錬金術の初めの一歩』というメモリアルアルバムを完成させると、
薬液回しに使うレシピが貰えることだと思いました。
renkin-05.jpg

この薬液回しを、昔は固定レシピだけでやっていたわけで、
考えるだけでぞっとしますwww

(ヾノ・∀・`)ムリムリムリムリ

楽になったとは言え、スキル上げや薬液準備はかなりマゾイです。

大量の金を仕入れてこなければなりません。
大量の紙(交易品)も必須です。
消耗交易品の生産、1クリックで行動力20消費するものもあります。

商会の方はすでに経験済み かつ 見るに見かねてか、
金塊や貴重書の支援バザーをしてくれました。
renkin-01.jpg

こんなかんじで会長のアパで放置バザーを展開していただいておりました。
自分も2アカウント課金にして努力はしましたが、
みなさんの支援がなかったら、こんなに早く完成しなかったでしょう。


そうなんです、

念願の防御100手装備が我が物に!!!!

renkin-02.jpg

グラフィックが黄金の両手とまったく一緒で
新鮮味が足りません! 
なんとかしてくださいw



まあまあまあ。


以前はブーツなど100まで上げるのには、
副官の主計長100と、マイスター、工作室と洋上生産、
そしてタロットカードの魔術師の力を借りて
失敗消失を減らそうとしていました。

愚者の両手はNPC固定レシピなので洋上生産は出来ませんが、
その代わりに強力なスキルや違反のようなアイテムがありますw。

まずは大学スキルです。
大成功しやすくなるスペシャルスキル4つと
アイテム強化術というスキルを設定します。
80まではこれで普通に生産しました。
renkin-04.jpg


さらに、必ず大成功するという【名匠の秘伝】』。
80~100の工程で、この大成功アイテムを使いました。

renkin-03.jpg

あとは、この名匠秘伝を持ってはいるけど、
錬金術スキルが無いキャラに、賢者の石クエを1からやって転職させたり
錬金術もブースト込みで6にしたり、
愚者強化時の補助スキルに必要な鋳造を6まで上げたり、
生産行動力が高いので、料理を買いまくったりして、
あとは貴重書や塩で薬液回しつつ大成功分で薬液を増やしながら、
金を買い付けつつ錬金術を上げてみたり。


地下墓地の最下層めぐりが、今までは結構きつかったりしていましたが
愚者100によって防御が75アップして300を超えたので、
もしかしたら今までよりも楽に戦えるかもしれません。


というかですね、
100愚者が完成して期待に膨らむというより、
あ~あ、100愚者が完成しちゃったよ・・・・
という虚脱感みたいなものが強いんですけどw

まあまあまあ。

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

    

| Edit |   

[2014/07/31 22:12] | 生産 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<優しき女性の絵 【孔雀のドレス(黒)】 | ホーム | 大安宅船を再FSしてみた>>
コメント
船長、お疲れ様でっす!。
昔、知り合いの船長達が「貴重書美味すぎる!儲かるし(商会売り)、錬金術カンスト出来る!!(後に熟練が入らなくなると気付く)。ヒャッハー!!!」
武◯「ほらほら、貴重書量産するからよそ見せずにブリトー(当時)の連打頼むよ!!」
◯夢「・・・」
莫大な利益得た知り合いの船長達は、身なりよ良い詐欺師に騙され?投資御礼贈答品と交換したそうです。
まだ未開封で200枚近くあるそうな・・・、どうするんだろ?。w
夏のボーナスの現物支給、愚者100でもおkでっす!。

[2014/08/02 16:38] URL | 弐神 #.Lj5XGds [ 編集 ] | page top
未開封で200個だと?!
くれっ!!!

来週からのゴールドラッシュに備えて、
探索ブーストはしっかり用意しときましたw
[2014/08/02 22:37] URL | eriyu #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://doleriyu.blog115.fc2.com/tb.php/99-da9a77f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |